1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. オフィス
  4. オフィス(事務所)の防音や会議室の防音方法について

お役立ち情報

オフィス(事務所)の防音や会議室の防音方法について

オフィス(事務所)の防音や会議室の防音方法について

オフィス(事務所)の会議室で誰にも聞かせたくない話をする、そもそも会議の音を外に出したくない、そんなときに思い浮かぶのがオフィスにおける防音方法です。
ここでは、会議室に特化した「防音方法」について解説します。

コンテンツの目次

そもそも、音が漏れるのはなぜ?

音は、空気の振動もしくは物体が振動することによって外部へ漏れていきます。
たとえば、会議室で交わされる重要な会話(人の声)の大半は空気の振動によって廊下や隣接する部屋へ漏れていくため、声の防音には「空気振動をなくす工夫」が必要とされます。

一方、同じ会議室でもビデオやプロジェクターから流れる音声は、空気だけでなく壁やドア、天井などの物体の振動を通じて外部へと漏れていきます。

このようなことから、会議室で発生する全ての音(声)を防音するには「空気と物体」それぞれ振動を減らしていく必要があります。

防音の三原則「吸音」「遮音」「マスキング」を知ろう

会議室の音を効果的に防音するために知っておくべきポイントが、吸音、遮音、マスキングの3つです。

吸音とは:
音が生み出す振動そのものを吸収して減らすことをいいます。布やクッションなど柔らかな材料が吸音に適しています。

遮音とは:
音の振動をシャットアウトし、外部へ通さないことをいいます。鉛やコンクリートにように重く硬い素材が遮音に適しています。

マスキングとは:
音を音でカバーし、守秘したい音を外部から聞かれにくくすることをいいます。空調音やBGMなど、天井から音を発生させる方法が一般的です。

これらをバランス良く取り入れた防音対策を施すことで、会議室での会話や音声を安全に守れるでしょう。

会議室へ導入できる防音方法

オフィスのコンセプトやデザイン性を崩すことなく導入できる防音方法には、以下のようなものがあります。

・吸音パーティションを取り入れる
グラスウールやロックウールなど、吸音材を用いたパーティションを設けることで防音効果を発揮できます。
パーティションを取り入れる際は、床から天井にかけて隙間を空けないことが大切です。

・吸音壁や吸音床を取り入れる
吸音壁には、吸音パーティションのように吸音材を用いたものと、コンクリートやダブルガラスなどのように遮音効果を持つものがあります。
吸音・遮音どちらの効果を優先するかは、自社の会議室の作りや隣接するエリアを考慮して決定しましょう。
また、吸音床はフロアカーペットや吸音パネルなど、柔らかな床材を敷き詰めるのが効果的です。

・サウンドマスキングを取り入れる
天井裏にスピーカーを設置して天井全面から音声を発生させる方法と、天井に直接スピーカーを取り付ける方法があります。
直接スピーカーを取付ける場合は天井に穴あけ工事が必要となるので注意しましょう。

・ドア下や壁下の隙間を埋める
通気性確保のため、ドア下や壁下にわずかな隙間が設けられている場合があります。
建具や壁の変更が困難な場合は、隙間をパッキンやシリコンコーキングで埋めるだけで防音効果を底上げできます。

防音パーティションについてはこちらをご覧ください

まとめ

吸音、遮音、マスキングの違いを理解して、優れた防音効果を持つ会議室へと変えていきましょう。
防音が徹底された会議室なら、皆が周囲を気にせず意欲的な会議を行えること間違いありません。

お問い合わせはこちら

 一覧に戻る

copyright © Office24 Co., Ltd. All Rights Reserved.
PAGE TOP