レイアウト作成の特徴

  1. ホーム
  2. レイアウト作成の特徴

レイアウト作成の特徴

ご希望のオフィスデザイン・レイアウト図面を無料にて作成、最短3日にてご提案いたします。

無料レイアウト作成サービス

移転の際の新規オフィスのレイアウト図面や既存(現在ご使用中の)オフィスでのレイアウト変更図面を無料にて作成いたします。※無料作成には一定の条件があります
移転やレイアウト変更は、継続使用する家具と新規で用意する家具、廃棄する家具の選別やパーティションの組み換え移設の可否判断など、新旧のレイアウトを比較しながら検討、計画を策定する必要がある為、現状のオフィス環境の把握が重要課題となります。
当サービスでは建築士による既存オフィスの実測と家具の確認、設備調査のもと、レイアウトを作成し現状の課題の解決策と理想のオフィス環境の構築をご提案いたします。

無料レイアウトサービスはこのような方におすすめ

  • オフィスを移転するので移転先のレイアウトを作成して欲しい。
  • 増員と組織変更の為、既存のレイアウトを変更したい。
  • 動線がよくないのでレイアウトを見直したい。
  • 入り口にパーティションを立ててエントランスをつくりたい。
  • 会議室を移設したい。増設したい。

 

まず「無料相談」してみる

レイアウト作成お役立ち用語

 ゾーニング

機能や用途別に空間を小単位に分け、相互の関係性や面積、動線などを検討しながら空間全体に配置していく設計手法。
オフィス空間全体における各機能の必要スペースと関連性、アプローチ方法を可視化できる為、レイアウトを作成する前の検討に便利です。

 エントランス

エントランスは大きく分けて有人受付と無人受付とがあります。無人受付の場合、執務室など、他のスペースと区分けする為に壁を設置しますが、必要なセキュリティーレベルやコスト比較により、その仕様を決定します。エントランスの仕様や役割が決まれば、必要な設備(受付電話、監視カメラ、電子錠等)やデザインの検討を行います。
エントランスは「企業の顔」。ブランディング戦略のひとつとして考えられています。

有人受付有人受付
ローパーティション受付ローパーティション受付
ハイパーティション受付ハイパーティション受付
 執務室

執務室のレイアウトは、まず限られたスペースに席数が確保できることが第一ですが、お客様のワークスタイルを理解したうえで、動線、機能性、効率、コミュニケーション、セキュリティ等、多角的に計画することが 必要となります。

対向型
対向型レイアウト 最も一般的で面積効率やコストパフォーマンスに優れたレイアウトです。
フリーアドレス
フリーアドレス 個人の固定席をなくし、空いている席を自由に使えるレイアウトです。
普段外出が多い方用として席数を最低限に抑えることが出来る他、人員の増減にも対応できます。
営業職など外出が多い職種に適したレイアウトです。
ブースタイプ
ブースタイプ 席をローパーティションなどで囲い、個人ブースとするレイアウトです。
集中した作業に向いており、システムプログラマーやデザイナーなどクリエイターに適したレイアウトです。
チームタイプ
チームタイプ チームごとに席をローパーティションで囲い、グループブースを構成するレイアウトです。
チーム内でのコミュニケーション性に優れ、企画や開発系の職種に適したレイアウトです。

執務室のレイアウトは、まず限られたスペースに席数が確保できることが第一ですが、お客様のワークスタイ ルを理解したうえで、動線、機能性、効率、コミュニケーション、セキュリティ等、多角的に計画することが 必要となります。

 リフレッシュスペース

リフレッシュスペースは単なる休憩スペースではなく、部署や役職の垣根を越えたコミュニケーションツール としての役割を担っています。リフレッシュスペースはオフィスの遊休スペースではなく社内活性化のための 生産的なスペースとして捉えられつつあるようです。

まず「無料相談」してみる

copyright © Office24 Co., Ltd. All Rights Reserved.
PAGE TOP